晴れ!

Ss_img_1072_3今日は朝から快晴でした。 昼過ぎから少しだけ雲が出たものの、こんなに晴れたのは本当に久しぶりです。 今夜は(も)ふたご座流星群。 たくさん流れますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アブラゼミ

今日は団地の大掃除の日でした。 落ち葉を集めている最中に、何とアブラゼミの抜け殻を見つけました。

Simg_1062_2Simg_1059_3Simg_1061_3先日、暖冬のせいでセミが羽化したというニュースが流れましたが、これは夏に羽化した抜け殻が残ったものです。 かなり傷んでいるものの、何度となく吹いた強風にもめげず、よく今まで残ってくれました。 今後も、いつまで残るか観察していこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさがお

Simg_1044_3今朝、宇宙アサガオの花が咲き (?) ました。 先日から小さなつぼみが少しずつ大きくなってきているのは知っていましたが、時期から考えてもう咲くことはないだろうと思っていました。
咲いたとは言ってもご覧の通り、花びらは伸びるでも開くでもなく、ただ雄しべと雌しべがつぼみから突き出しただけです。 それでも、よく頑張ったね、と声をかけたくなります。 葉も1~2枚を残して散ってしまっていますが、もう少し水やりを続けていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツノゴマ

都立薬用植物園の最後、ツノゴマです。 熟した実を踏んだら靴底などひとたまりもありません。 旅人泣かせという別名に納得です。

Simg_0802_2Simg_0809_2Simg_0811_2

Simg_0807

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマ(亜麻)

もう少し都立薬用植物園にお付き合い下さい。
案内していただく中に、アマ ( 亜麻 ) を見つけました。 亜麻と言えば、ドビュッシーの 「 亜麻色の髪の乙女 」 を思い浮かべ、AdobeRGB では #CBBB9E ( sRGB では #D3BD9F ) の色なのですが、植物の亜麻の色には今回初めてお目にかかりました。

Simg_0797_2Simg_0798_2Simg_0799_2

最近、体に良いとの評判の亜麻仁油の原料でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬じたく

再び薬用植物園から。 入口すぐにあったヤマジノギクの花に、大きなハチが何匹もやって来ていました。

Simg_0745_3Simg_0741_3Simg_0743_3

陽光に照らされて、銀色に輝く毛が暖かそうです。 ハラナガツチバチの仲間かと思うのですが、触角が長いのでオスだろうくらいしか分かりません。 詳しい方がおいででしたら教えて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初冬の産卵(ウラナミシジミ)

先日案内していただいた都立薬用植物園で、かなりくたびれたウラナミシジミを見ました。 フジマメ ( と聞いたような気がしますが、自信はありません ) の花の近くで盛んに動き回っています。 どうやら産卵のようです。

Simg_0764_3Simg_0765_3Simg_0766_3

Simg_0768_2Simg_0769_3蝶が飛び去った跡を見ると、白く小さな卵がたくさん産み付けられていました。
このカメラはマクロに設定してもなかなかフォーカスが合いません。 卵の表面の細かい模様も写せませんでした。 そろそろ考えなくてはと思いながらも、使い続けています。
Canon PowerShot S95 で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日だまり

Simg_9980_2少し前の画像です。

暖かい日だまりが心地よいのか、乾燥しやすい日なたが辛いのか、カタツムリはどう思っているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピノサウルス

家内とスピノサウルスの講演会に行ってきました。 シニアからちびっ子までの幅広い聴衆が集まっていました。 実物の頭骨は貸し出し中で、置かれていたのはレプリカです。 歯の方は本物で、縦のスジが魚食恐竜の歯の特徴だそうです。 質問に答えた科博の真鍋先生の 「 研究者として伸びていく人は、恐竜だけに夢中になるのではなく、幅広い分野に興味を持って勉強した人 」 という言葉が印象的でした。

Simg_0673_2Simg_0690_2Simg_0695_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホコリタケ

前にも書いたホコリタケですが、その後の変化です。

Simg_0051_2Simg_0199_2Simg_0657_2

熟して茶色になり、てっぺんに穴が見えています。 衝撃が加わるとこの穴から胞子が噴出します。 指ではじくと粉のように細かい胞子が吹き出しますが、右手でカメラを構え、左手の指ではじいても、なかなかシャッタータイミングが合いません。 ようやく胞子が写りましたが、左上に向かって吹き出している胞子が分かるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満月

Simg_0670_2今日は1984年のパプア・ニューギニア皆既日食 ( 新婚旅行でした!) の記念日です。 早朝の小学校校庭で、すばらしいコロナにめくり合うことができました。

今年の今日は満月です。 帰宅途中で雲間から顔を出した月を撮影。 毎年の11月23日の月齢はどうなっていたのか、ふと気になったもののまだ調べてはいません。

Canon PowerShot S95、ISO=100、F8、1/320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カブのしっぽ

Simg_0644_2タコよりも強力か??

吸い付いて離れませ~ん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝の雲

Simg_0645_2Simg_0646_2今朝、出がけに見えた雲2題。

一つ目はまるでコロナのストリーマのようです。
二つ目は、一つの雲を左右にパッカ~ンと割ったよう。

どちらも結構なスピードで流されていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微小黒点

Simg_0354_2Simg_0358_2おとといの太陽です。

太陽像を投影した紙の汚れが目立ちますが、赤道付近に小さな黒点群が見えます。 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

Simg_0259_2Simg_0265_2おお! 種がこぼれそう。

近所の図書館前にて。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«百合の実