ツマグロヒョウモン

今日は2006年の 「 仏領ギアナ金環食 」 の記念日です。 1988年9月11日に曇られた 「 ソマリア日の出金環 」 の雪辱を果たすべく、南米まで出かけました。 幸い天候に恵まれて、無事に海から昇る角もリングも見られたほか、ヨーロッパ宇宙機構の打ち上げ場も見学でき、思い出に残る旅になりました。 
http://osamu-eclipse.a.la9.jp/20060922/Annular%20Solar%20Eclipse%202006_09_22%20French%20Guiana.htm

さて先日、家内と買い物に出た帰りに、元の実家に近くでツマグロヒョウモンに出会いました。

Simg_3631_2Simg_3633_2Simg_3629_2

翅全体がヒョウ柄なの ( 1枚目 ) がオス、前翅の先が黒いの ( 2、3枚目 ) がメスです。 夕方で周囲が薄暗くなりかかっている上に前翅をせわしなく動かしているので、どのコマもブレが見られます。 S120 が不調になってからずっと古い S95 を使っているのですが、どうも調子が出ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年09月19日)

今朝もよく晴れました。 波長を調節し直して撮影です。

20170919092542_092700_80020170919092542_092700_800n

今日は 2680 群の北東に延びるフィラメントが写ったほか、東のヘリ近く、北緯40度付近と南緯35度付近にある淡いフィラメントも写りました。 両フィラメントの中間に見えるザラついたようすは写りませんでしたが、これは仕方がないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年09月18日)

台風一過、今朝はほぼ快晴です。 もう少し太陽面がにぎやかだと良いのですが。

20170918094710_094833_80020170918094710_094833_800n

また大幅に波長が狂っていたので再調整しました。 西から北西にかけての淡いフィラメントが写った反面、東から南西がうまく写りません。 2680郡の北西のフィラメントはほとんど写りませんでしたが、すぐ西にある小さな光点は何とか写りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かねたたき

台風18号が近づいてきます。 まだ直接の影響はありませんが、明日はベランダの鉢を取り込まねばなりません。
昨晩、トイレで 「 ピンッ!ピンッ!ピンッ!」 と澄んだ音がしました。 あ、これは虫の音だな、と思って捜索を開始しましたが、一向に見つかりません。 今朝になって洗面台にいた体調10mm弱の虫を発見! これかな? と思って撮影しましたが、どうも寝ぼけた写真しか撮れません。 しかたがないので紙の上にそっと導いてベランダに出しました。 やはり明るい所だとよく写ります。 粋なベスト姿はカネタタキです。 小さな翅があるので雄です。 これで昨晩の鳴き声の正体はこの子に決まりです。 それにしてもどうやって団地の4階のトイレに紛れ込んだのでしょう?

Simg_3619_2Simg_3627_2Simg_3628_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謎の虫

今日、職場のエレベータの脇に、見慣れない三角の虫がとまっていました。 近づいて見ると小さな蛾のように見えます。 とりあえず撮影して、あとで調べてみようと思いました。 ところが、調べてみてもよく分かりません。 ちょっと見には蛾のように見えたのですが、写真で頭や足の形を見ると蛾とはずいぶん違って見えます。 この虫の正体はいったい何でしょう?

Simg_3610_2Simg_3605_2Simg_3612_2Simg_3613_2

この虫は 「 アミガサハゴロモ 」 と判明しました。 ご教示くださった皆さん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワタの収穫

2010年に、世田谷区の公園でもらったワタの種を播いてから、もう7年になります。 初めは4~5本育てていましたが、少しずつ枯れるものが出て、いまではただ1本が残るのみです。 見た目はすっかり枯れ木のようになっていても、春には葉が出て今年も花が咲いて実がなりました。 もう今年の時期は過ぎたと思っていましたが、昨日、花が一つ咲きました。 風雨が強かったので弾けた実は収穫しました。 まだ実は3つ残っています。

Simg_3596Simg_3597Simg_3598Simg_3604

このワタは 「 和ワタ 」 なので、一般に見るコットンボールとはずいぶん違います。 最後の画像で左の茶色いのが本来のこのワタの色です。 右のものは標準からするとかなり白っぽい色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年09月13日)

今日は良い天気になりました。 一昨日の見事なループに元気づけられ、雨の昨日をまたいで再び撮影を試みました。

20170913093038_093155_80020170913093038_093155_800n

20170913101442_101609_800今日は拍子抜けするほど穏やかになっています。 太陽面もプロミネンスも、一見して目立つものはありません。 なかなか波長を合わせるのが難しく、今日は南西方面がうまく合っていません。
ただ一つ、東の 2680群が目を引きます。 そこから北に向かって出ているフィラメントを狙って、拡大撮影をしてみました。 コントラストの低い画像しか得られませんでしたが、それでも黒点の周囲や西から北西にかけて、彩層のガスの流れや、毛羽だっているような薄いフィラメントが見て取れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年09月11日)

今日は 1988年のソマリア金環食の記念日です。 まだソマリアが今のような混乱に陥る前のバーレ政権末期、インド洋から昇る金環食を観測に行きました。 ジャワリ運輸副大臣を通して 『 アマチュア天文家である 』 ことを伝えたはずでしたが、あちらでは星占い師と思っていたそうです。 残念ながら厚い雲に邪魔され、部分食を見ただけで終わりました。 それにしても貴重な体験をしたものです。

さて、今日も雲の多い朝でした。 それでも雲の切れ目から太陽がのぞいた時をねらって撮影しました。

20170911101640_101800_80020170911101640_101800_800n

20170911101950_102109_800盛んにフレアを発生していた 2673群は西に沈んでいます。 その跡付近にきれいなループが見えました。 ポストフレアループです。 一番内側の北側が明るく、三重になった一番外側はかすかです。 久しぶりにきれいなループを見ることができました。 通常の撮影のあと、拡大撮影に挑戦。 こちらの方がループがきれいに出たようです。
黒点は一時に比べてずいぶん少なくなりましたが、プロミネンスはにぎやかです。 南東の淡くて大きなプロミネンスは、眼視では ( ループに気を取られていたせいか ) 気がつきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カノコガ

先日、早朝に家内といつものパン屋さんに出かけたとき、桜の木の下で妙な虫に出会いました。 最初は黄色い縞が見えたのでハチかと思ったのですが、飛び方が違います。 地面にとまったのを確認すると、どうやら蛾のようです。

S_img_3581S_img_3584

カノコガ ( 鹿の子蛾 ) というそうで、名前の由来は羽の模様とのこと。 そう珍しい虫ではありません。 腹の黄色い縞は、ハチの擬態だそうです。 腹が細いのでどちらもオスのようです。 気をつけて見回すと、この2匹だけではなく、他にもたくさんいました。 桜の木の下には毛虫の糞らしい黒い粒がたくさん落ちているので、このカノコガの幼虫のものかと思いましたが、調べてみるとカノコガの幼虫はタンポポなどを食べるそうです。 どうして桜の木の下にあんなにいたのか分かりません。 今日も飛んでいるのを見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年09月09日)

今日も晴れてはいますが頻繁に雲が太陽を横切り、落ち着いて撮影できません。

2017090920170909n

全部で3セット撮影したのですが、スタックがうまくいかず、最後のセットだけ何とか破綻が少なくなりました。 この少し前に、西の2673群で小さなフレアが起こりました。 画像ではその名残が細い光の帯としてかろうじて見えています。 そこから南にフィラメントが伸びています。 もう少しすると吹き出すのが見えるのかもしれません。 まだ波長がきちんと合っていません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほろ苦いビール

昨夜の 「 お疲れサマー会 」、いつものように色々なお酒が用意されていましたが、目玉の一つが日食ビールでした。 Sさんのお土産とのこと。 本当にありがたいことです。

Simg_3587Simg_3592Simg_3590

キャスパーではこの種の日食土産は目にしませんでした。 よく見ると、もともと星空っぽい模様の缶に日食が印刷されたラベルが貼られていました。 いや~、オレゴンは商売っ気があるな~! キャスパーで薄雲に祟られた私には、このビールのほろ苦さが身にしみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年09月08日)

なんと! 約3ヶ月ぶりの太陽撮影です。 撮影手順も処理手順も記憶が曖昧になっていて、ずいぶん時間がかかってしまいました。

20170908120230_120348_80020170908120230_120348_800n

前回からずいぶん間が空いてしまったので、波長もずれていたようです。 また調節し直さなければなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ日食から帰って

アメリカ日食の弾丸ツアーから帰って、ようやく疲れも取れてきました。
昨日の朝、いつものように家内とパンを買いに出たとたん、羽化したばかりと思われる大きくぷっくり太ったウンモンスズメらしいスズメガを、人通りの多い階段正面から救出。 少し歩くと、これも大きなジャコウアゲハのメスが懸命に蜜を吸っているのに出会い、さらに車道を横断中のウインナソーセージくらいのクチバスズメっぽい幼虫を救出しました。 夕方になって家内と買い物に出たところで、歩道を横断中の、これはウインナより一回り細いセスジスズメの幼虫を救出。 あぁ、日本はいいな~。

さて、肝心の皆既日食ですが・・・、残念ながら思ったような結果にはなりませんでした。

S10255_cutSimg_7773_2

Simg_7774_2Simg_7775_2

ご覧のように、すっぽりと絹雲の中です。 雲の高度が高く動きがゆっくりしていたため、太陽の欠け初めから丸く戻るまで、ずっと雲がかかった状態でした。 朝の天気予報では快晴だったのですが、雲の動き始めが予想外に早かったようです。
双眼鏡で見ている分には、コロナの広がりは4R ( 太陽半径の4倍 ) 程度まで見え、南北の細いプルームもきれいに見えていましたが、写真ではコロナが滲んでしまってダメです。
今回は地平線付近全周のあかね色が特に見事でした。 太陽の西側のプロミネンスも非常に美しく、そこからきらめき始めたダイヤモンドリングも絶品でした。 まずは第1報です。

全天写真はリコーのシータ、ダイヤモンドリングは Canon の高倍率コンパクトデジカメ SX50HS で撮影しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

荷造り ~ アメリカ日食に向けて

Simg_4915出発までずっと雨という天気予報です。 もうテスト撮影もできないので、機材を梱包してしまいました。 私のスーツケースが 19.7kg、家内のが 19.1kg。 なんと両方とも 20kg を下回りました! 二人というのは実に素敵です。 あとは手荷物ですね。 果たして何 kg になるやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶豆

S_img_4912日食に向けての準備も大詰めです。 相変わらず天気が悪いので、テスト撮影は全く不足していますが、こればかりは仕方がありません。 何とかするしかありませんね。

我が家では地元産の枝豆を食べています。 ようやく茶豆が出始めたので、一束買ってきました。 枝から外したさやを、家内が新聞紙に並べたので、さっそく撮影。 一束に2株入っていたので、豆はこの2倍取れました。 茹でて食べ始めると止まりません。 あっという間になくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«テスト撮影