初の訪問客

Simg_4729_2Simg_4730_2先日の雨のあと、めっきり過ごしやすくなりました。 昼は風が心地よく、夜は窓を開け放つと寒いので、半分閉めて寝ています。

そんな中、地面にセミの幼虫が出てきた穴が目立つようになりました。 今日は工作が一段落したところで家内に呼ばれて台所に行くと、網戸にアブラゼミがとまっています。 今年初めてアブラゼミの訪問を受けました。 おなか側を撮影しただけでは失礼なので、そっと網戸の脇からカメラだけ外に出して横顔も撮影。 まだきれいなので羽化したばかりなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日食準備

今日は1990年のフィンランド皆既食と、2009年の硫黄島沖皆既食の記念日です。 1990年はただ1度の完全に曇られた皆既食でした。 一方2009年はぱしふぃっくびいなす船上で、よく晴れた空のもと、天頂付近のコロナを観測することができました。

また、今日は8月のアメリカ皆既食の1ヶ月前 ( アメリカでは21日、日本では22日 ) です。 まだまだ準備の途中です。 先日から取りかかっていた、NDフィルターの開閉装置が、一応の完成にこぎつけました。 基本的には SEPNet で塩田さんから紹介されたシステムを応用したもので、サーボモーターや開閉方向を変えています。 取りあえず2つ同時に動かすことができていますが、まだ ( 自分の工作技術を ) 完全に信用できるところまでは行っていません。

Simg_4734Simg_4731Simg_4732

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S120 不調?回復?

昨日の退勤時、今年初めてヒグラシの鳴き声を聞きました。 子どもたちの夏休みは始まったばかりなのに、ヒグラシの声を聞くと夏休みの終わりを連想するのは、よほど刷り込まれているのでしょう。

Simg_3201先日、愛用の PowerShot S120 の背面ダイヤルが、時々ですがうまく働かなくなりました。 2015年に修理してもらったばかりなのに、と思ったものの、アメリカで不調になっては困るので、サービスセンターに持って行って修理を頼みました。 数日後に電話があり、部品がないので修理できないとのこと。 え~っ、もう部品がない? そんな~。 と思いましたが、ご希望なら別の新品のカメラと取り替えます、と言われました。 ちょっと気を惹かれたので、機種名を聞いてから考えました。 でもな~、お気楽撮影用なら持っているし、高倍率ズーム機も持っているもんな~。 RAWが撮れてレンズが明るく、星空モードがないと意味がない。 差額を払うので希望の機種にしてもらえないか聞いてみると、それはできませんとの返事。 しかたがないので S120 はそのまま戻してもらいました。 その後、不調は起きていません。 頼むからがんばってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスウリと嵐

Simg_4723_2Simg_4724_2昨日、我が家に来たカラスウリ2鉢です。 まだ小さいので、今年は花が咲くところまで行かないかもしれませんが、元気に生長すると良いと思います。 今日は天気が不安定で、外出から帰ってすぐに雨が降り始めました。 ひどくは降らないものの、雷鳴がずっと響いていました。 いったん雨が上がって写真のように日が射しましたが、再び雨が降って、気温もかなり下がりました。 今夜は快適に眠れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おくり火

今日はうだるような1日でした。 そんな夕方、送り火を焚くため家内と義兄のところに出かけました。  気をつけてお帰り下さい。 また来年。
庭のみかんの葉についたアゲハの卵は、もうすぐ孵りそうです。 今年初めてのアブラゼミの抜け殻にも出会えました。 そう言えば、我が家の近所ではニイニイゼミの鳴き声が聞こえていました。 いつもニイニイの抜け殻を見ていた林は伐採されてしまったので、他を探してみようかと思います。

Simg_4715_2Simg_4707_2Simg_4721_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も暑い1日でした。 シャワーを浴び終わって風呂場から出ると、すぐ家内に呼ばれてベランダへ。 東の空に虹が出ています。 外側の副虹もうっすらと見えます。 どの辺で雨が降っているのでしょう。

Simg_3462_2Simg_3460_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツァイス製分光器

今日は1991年メキシコ皆既日食と、2010年ハオ島皆既日食の記念日です。
メキシコでは快晴の空に6分26秒のモヒカンコロナを見ることができました。 ハオ島では雲がかかって一旦は落胆しましたが、世界初の雲に映ったシャドーバンドを、私も撮影することができました。

さて、三鷹の国立天文台にある大赤道儀室に、先日、分光器が展示されました。 説明には60cm望遠鏡と同じツァイス製とあるので、どこかにツァイスのマークがないか探してみました。

Simg_3405_2Simg_3406_2Simg_3409_2

Simg_3407_2Simg_3416_2Simg_3404_2

照明が薄暗いので見にくい中を一生懸命探したのですが、どこにもマークはありませんでした。 望遠鏡本体(ピラー)や、一緒に展示されているカメラ ( 乾板を使うタイプ ) にはしっかりとマークが付いているのに、不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獲物を横取り?

虫 ( 特にクモ ) が嫌いな方は見ないで下さい!

仕事が終わって自転車で帰る途中、道路を何やら綿毛のようなものが飛び跳ねるように横断して行きました。 一旦通り過ぎたものの、気になったので少し戻ってみると、何やら虫のようです。 でもやたらに飛び跳ねているので、良く見えません。
仕方がないので、自転車の前輪で進行方向を塞いでみると、ようやく動きを止めました。 ハチかムシヒキのような虫が、自分より大きめのクモを抱えて移動していたのです。 重くて飛んで運べないので、羽ばたきながら引きずっていたようです。
少しの間、不満そうに羽を動かしていましたが、クモを離して飛び立つと、いきなり自転車を攻撃するような動きを見せました。 私が離れてしばらく待っていると、そのうちどこかへ飛び去っていきました。 残されたクモは道のまん中で仰向けになったまま、ピクリともしません。

Simg_3436_2Simg_3435_2Simg_3437_2

1円玉の持ち合わせがなかったので10円玉(直径約23mm)です。 これは何という種類のクモでしょう? 8本の足を放射状に広げていますが、横から見ると、いったん背中側にぴったり付けてから、先の方だけ広げています。
死んでいるのか眠らされているのか、見た目には分かりません。 恐らく、運んでいたのはハチだと思います。 巣の中に運んで、卵を産み付けるのか食料にするのか、いずれにしてもクモは眠らされているのだと思いました。 いや~、珍しい物を見ました。
帰宅後、家内に写真を見せながら話を聞かせると、「 道理でいつもより帰りが遅いと思った。」 と言われてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ツバメ

暑くなって髪の毛が邪魔になってきたので、今日は家内と一緒にいつもの美容院に出かけました。 その途中、「 ツバメの巣があります 」 の掲示があるので見上げると、いくつか並んだ巣の一つからお尻がちょんとのぞいています。 前に回ると顔が見えました。 子どもではありません。 おそらく2度目の抱卵ではないでしょうか? 1回目は隣の巣だったのかな?

Simg_4692_2Simg_4693_2_2Simg_4694_2Simg_4695_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風にも負けず

各地で被害をもたらした台風3号。 東京への影響は少なかったものの、我が家の鉢物への影響は心配でした。 でも、

Simg_4676_2Simg_4685_2Simg_4688_2

台風の夜、ワタの花が咲きました。 もうすっかり老木なので花もかなり変形していますが、がんばっています。 白いのは近所のタイサンボクです。 通るたびにいつ咲くのかと心待ちにしていましたが、よりによって台風の日に咲くとは。 何があっても咲くときには咲くという心意気を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クズとナナフシ

昼休み、葛の葉にナナフシがとまっているのを見つけました。 首を直角に曲げて、必死の形相 (?) でクズの葉を食べています。 口の形がおもしろい! 近寄って撮影を始めると、どうやら私に気づいたらしく、食べるのをやめ、体をまっすぐにしてじっと動かなくなりました。

Simg_4661_2Simg_4662_2Simg_4665_2

Simg_4668_2Simg_4671_2すました顔のまま動こうとしません。 仕方がないので少し冷却期間をおこうとキノコを探しに行ってから戻ってみると、もう食べるのを諦めたのか、枝を伝ってのっそりと立ち去るところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花盛丸その後

一昨日の夜に咲き始めた我が家の花盛丸。 昨日も1日、元気に咲き続けました。

Simg_4636_2Simg_4638_2Simg_4647_2

陽光の下で見る花は、妖艶さが減った分だけ明るく健康そうに見えます。 ぐるりと輪になった雄しべのようすがとても面白いです。 風にも負けずに咲いていた花も、今朝までは何とかがんばっていましたが、残念ながら昼前には萎れ始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花盛丸の開花

我が家の花盛丸 (サボテン ) が昨夜、3年ぶりに開花しました。

Simg_4625_2Simg_4614_2Simg_4615_2Simg_4620_2

Simg_4633_2前回開花したのは2014年09月06日で、それまでほぼ毎年開花していました。 それまでは比較的柄が下に伸びて、花だけちょっと上向きに咲くことが多かったのですが、今回はまるで月と木星に向かって咲いているようです。
少し前までは小さな花芽でした。 数日前から急激に伸び出し、昨日の朝、何となく 「 今夜は咲きそう 」 と思って撮影を始めたわけです。 蕾の状態が09時42分、咲きかけが18時48分、半分開いたのが20時06分、開ききったのが22時11分でした。
今朝もまだしっかり咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日蝕記念日

S19920630_coronaブログのタイトルが 「 日蝕記念日 」 なのに、あまり日食の画像を載せてきませんでした。 今回はコロナのスケッチを載せましょう。

今日は1992年、ブラジル沖皆既日食の記念日です。 この日食の皆既帯は、ウルグアイ・ブラジルの海岸線を除いてすべて海上を通ります。 そこで、南アフリカからジャンボで飛び立ち、10分を越える皆既を見ようという計画に申し込みました。 しかし、参加人数が足らずにあえなく中止 ( 1度あることは2度ある! )。 そこで急きょ、アメリカの望遠鏡販売店が企画したブラジルから飛び立って大西洋上で観測する計画に乗り換え。 片側の座席を外したDC10の窓から、6分20秒のコロナを堪能することができました。 これが私にとって2度目の機上観測。 きちんとスケッチを取った数少ない日食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄生バチ その後

先日、例の寄生されたチャバネアオカメムシの卵がどうなったか、気になったので撮影してみました。 窓枠にはクモの巣がいっぱいで、窓から上半身を乗り出すことはためらわれたので、腕だけ伸ばして適当に撮影です。 ほとんどピンボケの中で、かろうじてましなコマをトリミングしたものです。

Img_4547_3Img_4566_2卵のフタのような部分が開いているものがなく、みな食い破られたようになっています。 みな、ハチが出てきた穴だと思われます。
しばらくたった別の日、またハチが出てくる様子が見られました。 こちらはガラス越しです。 卵がガラスにくっついている部分が良く分かりますが、ハチにはフォーカスが合っていません。 もうほとんどの卵からハチが孵っていることが分かります。 こちらもかなりトリミングしてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«サキグロムシヒキ?