ノビル

Simg_4281_2Simg_4275_2以前、アップしたことのあるノビルに、花が咲き始めました。 先っぽのネギボウズの皮が取れ、中のムカゴが出てきました。 ムカゴの間から白いツボミが見え始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカボシゴマダラ

散策も終わりに近いころ、木の幹に何やら白い蝶がいるのに気づきました。

Simg_4264_2Simg_4269_2Simg_4270_2Simg_4274_2Simg_4268_2

比較的大きな蝶です。 ゴマダラチョウかな?と思いましたが、ずっと白っぽいのでどうも違うような。 帰宅後に調べてみると、どうやら外来種のアカボシゴマダラのようでした。 以前、自宅近くで見た個体と違って赤い星が見えないのは、春型だからのようです。 2頭が向かい合って黄色い口で樹液をすすっています。 時々お互いに足をからめたり翅を広げたりしているのは、じゃれているのか牽制し合っているのか、その辺はよく分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キアシドクガの羽化

友人たちとの散策の途中、低い草に留まっている白い姿を見かけました。

Simg_4251_2Simg_4255_2一目見て、これは毒蛾だと感じました。 恐る恐る撮影しながら観察すると、どうやら羽化したばかりのようで、ガの上にあるのはサナギの抜け殻です。 カラフルなサナギなので、これを手がかりに調べてみると、キアシドクガだと分かりました。 ドクガという名が付いていますが毒は無いそうです。 結構きれいなので、もっと近づいて見れば良かったと少し後悔。 前脚以外も先が黄色いので、これは雌です。 羽化して羽を伸ばした後、羽が硬化するまで待っている状態です。 口が退化しているので成虫の寿命は数日とか。 彼女にはこの先、どんな一生が待っているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実篤公園にて

先日、中学校時代からの友人たちと調布市内の散策をしました。 いつも思うのですが、ん十年の時を軽く超えてしまうのが、なんとも不思議です。 いろいろ回ったうちで、実篤公園で写した画像です。

Simg_4232_2Simg_4235_2Simg_4234_2

まるで着物の柄のように、たくさんのエゴノキの花が池に模様を描いていました。

Simg_4240_2Simg_4241_2

Simg_4220_2Simg_4221_2夢中になって花の蜜を吸っているのは、ダイミョウセセリです。 関西型に比べて関東型は後翅の白い模様がほとんど目立たないのだとか。
木の幹にひっそりと留まっていたのは、サビキコリです。 もう一匹いましたが、カメラを近づけるとポトリと下に落ちていってしまいました。 殺気を感じ取られてしまったのかもしれません。
暑い日でしたが、木立の中は涼しい風が吹いて、別世界でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズカケノキ

今日は2012年の金環日食の記念日です。 あんなに大騒ぎをしたのに、もう5年もたってしまいました。 早いものです。
午前中は8月の日食に向けての電子工作、午後からは中学時代の友人たちと会って、楽しく散策をしました。 その時の写真はまだ整理できていないので後日に回すとして、近所で写したスズカケノキ(モミジバスズカケノキ)を紹介します。

Simg_4182Simg_4184Simg_4188Simg_4189

ガードレールに寄りかかって、完全に巻き込んでしまっています。 10年ほど前にはまだ寄りかかった部分が横に広がって、翼を広げたようになっていただけで、車道側から見るとガードレールのパイプが見えていましたが、いつこのように巻き込んでしまったのか、はっきりは分かりません。 植物は強いですが、これはかわいそうな気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テントウムシ

昨日、今日と快晴で暑い日になりました。 明日もこの天気が続くとのこと、体調管理が難しいです。
先日、家内と買い物に出かけたとき、例によって1m/分程度で歩いていると、ハコネウツギの葉にテントウムシの幼虫を見つけました。 2匹です。

Simg_4176_2Simg_4179_2Simg_4181_2

2匹目の幼虫は、どうやら糞をしている最中のようです。 別の葉にはサナギも見つかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケヤキのはずが

4月2日にアップした「ケヤキ」ですが、どうも様子がおかしいのです。 葉が出ると、どう見てもケヤキの葉ではありません。 二つほど、葉の上に赤い出っ張りがあります。 まあ、この出っ張りはこの木本来のものではないのかもしれませんが、この木の正体はいったい何でしょう? 先日また美容院に出かけたときに、これを買った花屋の店先には、もうありませんでした。

S_img_4075Simg_4077_2Simg_4084_2

買った時に花屋のおじさんに 「 ケヤキですか。 どうやって育てるんですか?」 と聞いたら、「 よく知らないんだよ 」 と言われたことを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノビルとアブラムシ

あまりに髪の毛が伸びたので、今日は家内と一緒に美容院でバッサリ。 ああ、すっきりした。
先日、ノビルのネギボウズを見つけました。 可愛らしいので近づくと、なにやら黒いものが。 アブラムシ(ネギアブラブシ)のようです。 それならテントウムシの幼虫がいるのでは? と探すと、いました! が、どうもおかしい。 どうやらいたのはテントウムシのサナギのようでした。

Simg_4163_2Simg_4152_2Simg_4155_2

Simg_4154_2はて? これは何テントウムシのサナギなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスノエンドウ

小雨の中で出かけた近所のスーパー。 駐輪所の植え込みの中に、カラスノエンドウの実がありました。 目の高さですから1.6mはあります。 がんばって蔓を伸ばしたものです。

Simg_4139_2Simg_4140_2Simg_4141_2

さやの大部分は真っ黒になっています。 さすがはカラスの名が付いているだけのことはあります。 一部だけ黒くなっているものを見ると、どのように黒くなっていくのかが分かります。 はじけてしまったさやも多く、家内と一緒に落ちた豆を探したのですが、見つかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマバチ

今日は1984年のアメリカ金環食と2013年オーストラリア金環食の記念日です。 アメリカ金環は私にとって初めて曇られた日食。 オーストラリア金環も雲が多く、どうも5月の金環は鬼門のようです。そのせいか今日も雨模様で、外出先でもポツリにヒヤリとすることがありました。

少し前になりますが、家内と新宿御苑に出かけたときに大きな蜂を見ました。

Simg_3769_2Simg_3770_2Simg_3772_2

クマバチ ( キムネクマバチ ) のようです。 少しくたびれたラショウモンカズラの花にわずかに留まりながら、周りを飛びまわっています。 蜜を吸っているようですが、花に頭を突っ込むのではなく、花の根本に食いついているように見えます。 吸蜜ではなく盗蜜というそうです。 離れたところの花だったので近づくことができず、写真はかなりトリミングしてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒゲナガガ

先日、ギンランを探して草むらを歩いたときに、足元を妙なものが飛ぶのに気づきました。 何か白く細長い糸のようなものが、フワフワと飛び跳ねるように空中を移動して行くのです。 なんだなんだこれは! 虫らしいのですが、バックが草むらなので良く見えません。 2匹いるようです。 とにかく逃げられないように静か~に後をつけていくと、1匹は見失いましたが1匹が草に留まりました!

Simg_4090_2Simg_4097_2Simg_4099_2

Simg_4101_2そっと近寄ると、異常に長い触角を持った小さな蛾のようです。 長い触角の先端から3/4ほどがみごとに白く目立つものの、本体は頭のオレンジを除いて地味な色です。 それで飛んでいるときには本体が見えず、白い触角がフワフワと揺れるのだけが見えていたのでしょう。 本体は5mm程度にしか見えませんが、実際はもう少し大きいのかもしれません。 何しろ、草むらを近づくと逃げられてしまいそうなので、なかなか細かいところが見えないのです。 後で調べてみると、クロハネシロヒゲナガという蛾のオスのようです。 ヒゲナガガ科という科があるそうで、それにしてはクロハネシロヒゲナガガの最後の 「 ガ 」 が省略されているのが不思議です。 長すぎるからでしょうか。 虫にすっかり気を奪われてしまいましたが、ギンランもしっかり見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アブラギリ

今日は雲が多く出て日射しが少なかったので、黒を着てもそれほど暑く感じず助かりました。

Simg_3792_2先日、新宿御苑に家内と出かけたとき、アブラギリの木のてっぺん付近に白い花が見えました。 もう時期が過ぎてしまったのか、それしか残っていなかったのです。 でも近づいて見ると、地面にいくつも花が落ちているのに気づきました。 集めて近くの切り株に置くと、なんだかオブジェのように見えたので撮影してみました。 シナアブラギリかもしれません。 雄花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムネアカアワムシ

先日、家内と新宿御苑に出かけたとき、オオアマナの花に赤い点を見つけました。 近寄って見ると5mmにも満たない小さな虫です。

Simg_3712_2Simg_3713_2Simg_3717_2

動き回る上に、こちらは木道から身を乗り出して撮影しようとするので、写しにくいこと甚だしいです。 赤く見えるのは肩から背中にかけてだけで、その他の部分は黒。 名前が思い浮かばないので帰宅後に調べたところ、ムネアカアワムシ ( 胸赤泡虫?) というようです。 アワムシということはカメムシの仲間。 そう言えば体の形もカメムシ似です。 その他の詳しいことは分かりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書作展

昨日は、以前の職場で先輩&同僚であった橋本斗南さんの書作展に行ってきました。

Simg_3975Simg_3974Simg_3962

Simg_3968Simg_3966Simg_3967

Simg_3969成城学園前駅の周辺は何年も通勤で通っていましたが、世田谷美術館分館に行くのは初めてでした。 一本道を入るだけで、ほんとうに閑静なたたずまいの所です。
作品は大作から遊び心にあふれたものまであって、おおいに楽しませてもらえました。 書の鑑賞の後は、昔の仲間が集まって恒例の宴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年05月02日)

よく晴れていますが、薄い雲があるようです。 太陽面は静かな状態です。

2017050220170502n


東半球の写りが極端に悪く、撮り直しをしました。 それでも東側のプロミネンスはほとんど写らず、2653群の周囲にあるフィラメントもわずかしか写りませんでした。 眼視では見えているのですが、久しぶりの撮影なので波長調整の勘が鈍っているのでしょう。 NOAA番号の2654付近が明るく光っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ちから仕事