スズメバチの巣

家内と出かけた帰り、家の前で古いスズメバチの巣が落ちているのを見つけました。 だいぶ壊れているものの、まだ独特の模様は分かります。 どこにあったものなのか、だいぶ前に付近一帯の木が剪定されたときに落とされたのかもしれません。 よく見ると、成虫の死骸もボロボロになって残っていました。

Simg_5875_2Simg_5873_2Simg_5874_2

Simg_5876_2Simg_5878_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さの中

Simg_5158_2Simg_5161_2Simg_5165_2

妙にリアルな瞑想する雪だるま。 でも、日の当たるところでは寒波に負けず白梅が咲き始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪かき

昨日の大雪は未明にあがりました。 夕べのうちに同じ階段の若い人がある程度雪かきをして下さいましたが、朝になると若い人には仕事があります。 そこで次に若い人を自認する私が雪かきに臨みました。 大まかに雪をどけるだけではまた寒くなって凍ると危険なので、すでに凍っている部分を砕いて、アスファルトが完全に露出するようにしました。 久しぶりに汗びっしょりになってしまい、明日以降、腰が痛まないか心配です。
その後、すぐ近くに小さなロウバイの木を発見。 労働のごほうびをいただきました。

Simg_5135_2Simg_5138_2Simg_5141_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪

雪国の方には笑われますが、東京では今日、今シーズン初めての大雪になりました。 朝はまだ降らずにいたものの、出勤後の9時頃からチラチラ来て、昼過ぎから本格的な降りに。 とうとう警報が出たため、早めに退勤することになりました。

Simg_5104_2Simg_5111_2Simg_5114_2

左から 11:08、12:58、15:49 です。

Simg_5118_2Simg_5120_2Simg_5124_2

もう、すっかりモノクロの世界になりました。 雪のピークはこれからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あしあと

今朝、家内とパンを買いに出た時のこと。 近所の畑に日が射し始め、日が当たったところに降りていた霜が半分溶けかかってキラキラと輝いていました。

Simg_5096_2と、まだ日陰になっている部分に足跡が。 大きめの足跡と小さい足跡が見えます。 小さい方は何となくネコっぽく見えます。 問題は大きい方。
手前に生け垣があって中には入れないため正確ではありませんが、大きめの足跡の間隔は20~30cmくらい。 左右の足をそろえて進んでいる ( 跳躍している ) ように見えます。 いったい何の足跡なのでしょう? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝霧

一昨日の雨も上がり、昨日の朝は霧が出ました。

Simg_5080_2Simg_5081_2Simg_5088_2通勤路も見通しが悪いので、いつもよりゆっくり慎重に走ります。 白いサギは霧に埋もれたような感じ。 カワセミも2羽見かけましたが、青い羽根よりオレンジのおなかの方がよく目立ちました。 職場の風景も幻想的です。 この霧の中を昇ってきたまっ白い太陽を、満月のように感じた方もおいでのようでした。
このあと思ったほど天気は回復しなかったのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市民天文学ワークショップ

今日の午前中は、天文台で行われた市民天文学のワークショップに出かけました。 午前中は天気が持ちそうだったので、自転車です。 途中でカワセミを2羽発見。 先週は3羽見たので、今年は遭遇率が高いです。 望遠の倍率が小さいので、写真の見栄えは今ひとつです。 ワークショップの方はおもに教育関係者の方々で盛会です。 まだプロトタイプなのでいろいろ改善点はあるようですが、大きな可能性を感じました。

S_img_4965_2S__1ie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の彩り

今日は朝からよく晴れたものの、強風のため布団干しもできません。 家内が毎年恒例の女子会に出かけているので、私はベランダに干したシイタケが飛ばされないよう、時々監視をしながら、昨年の医療費のまとめや今年の年賀状の整理など、ちまちました仕事をしています。 ということで、昨年末に高尾山のシモバシラを見に行ったときに撮影した写真を紹介します。

Simg_4889_2Simg_4896_2Simg_4898_2

ノササゲ、ヤマノイモ、テイカカズラの種。 
さあ、明日から出勤です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最大の月(2018年01月01日)

今年の天体暦を見ると、「 2018年で月が一番近いのは 1月2日の 6時49分である 」 と書いてあります。 東京ではこの時刻、月はすでに沈んでいて見ることができません。 しかし残念に思うのはまだ早い。 天体暦に書いてある距離は地心距離なので、地球の中心にいれば確かにそうなのです。 しかし私たちは地球の表面に住んでいるので、「 私たちに一番近い ( 大きく見える ) 月 」 を考えるには地球の半径を考慮しなくてはなりません。 結論から言うと、私が住んでいる調布市に一番月が近づくのは、調布市での月の南中時刻 1月1日23時13分前後なのです。
1日23時20分に撮影した月と、2日5時59分に撮影した月を比べてみましょう。 コペルニクスでおよその位置を合わせてあります。 2日5時59分の月は、高度わずか 5.2度のため気流が極端に悪く、かつ上下につぶれて見えますが、地心距離がより遠いはずの 1日23時20分 の月より小さく見えていることが分かります。 3枚目の写真は、2日5時59分の月に赤い色を付けて 1日23時20分 の月に重ねたものです。

S20180101_232041_232050S20180102_055927_055937S20180101_232041_232050rCanon PowerShot SX50HS で撮影

| | コメント (3) | トラックバック (0)

元旦(2018年)

あけまして、おめでとうございます。
また新たな年の始まりです。 今年はどんな年になるやら分かりませんが、節目の年になることは間違いありませんので、何とか良い年にしていこうと思います。

Simg_4917_2Simg_4924_2Simg_4920_2

我が家恒例の注連飾りと、ポレポレ動物のワンちゃんを横にした鏡餅。 そしてドラえもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫2態

Simg_4798_2Simg_4802_2大掃除前のよごれた北側の台所の窓。 外側にクサカゲロウと思われる虫がとまっていました。 逆光でよく分かりませんが、緑色なので越冬する個体ではないようです。 触角が片方切れていて、苦労を重ねてきたようすが分かります。 少したつといなくなってしまいました。
一方、南側の窓の内側、網戸の上になんと「蚊」がいました。 死骸かと思ってそっと息を吹きかけると、弱々しく位置を変えたので、まだ生きていることが分かります。 我が家は暖房を使わなくても比較的暖かいので、今まで命を繋いできたのでしょうが、早々に退場してもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すみれ

近所のポストの近くで、スミレの花を見つけました。

Simg_4760Simg_4762冬至の今日、まさか開いた花を見るとは思いませんでした。  近所を探すと、右の写真のような閉鎖花 ( というか、もう果実か?) も見つかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の太陽(2017年12月22日)

今日は冬至。 朝には多かった雲が昼前には消えました。 このところ同じパターンです。 久しぶりの太陽撮影になりました。

20171222125335_125502_80020171222125335_125502_800n

プロミネンスはほとんどありません。 2692群の周りが明るく輝いています。 あちこちに小さなフィラメントがあって、一応写るべきものは写っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日月

朝は雲が多めだったのが、昼にはすっかり晴れ上がって暖かくなりました。 夕方、西の空に細い月が見えたので、久しぶりに撮影してみました。 月齢 2.1、三日月です。

Simg_7945_2Simg_7925_2Simg_7953_2

Canon Powershot SX50HS で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスバス

Simg_4725Simg_47262晩続けて乗ってしまいました。
我が家に帰るときの路線バス。 最初の晩は 「 わ~、こんなの初めて!」 というおばちゃんたちの声がなければ気づきませんでした。 見れども見えずの状態。 反省です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

«冬本番