« 日本民芸館展 | トップページ | ロウバイ »

青銅器

先日、家内と六本木にある泉屋博古館分館に 「 神々のやどる器 」 展を見に行ってきました。 泉屋は 「いずみや」 ではなく 「せんおく」 と読みます。 江戸時代の住友家の屋号だそうです。 ここは住友家が蒐集した美術品を展示する美術館の分館です。 今回の展示では、商から秦にかけての青銅器や、もう少し時代幅のある鏡がたくさん展示されています。 ちょうど到着したときにギャラリートークが始まり、一通りの説明を聞いた後で改めてゆっくり拝見しました。 やはりポイントを教わった後では見方が変わりますね。 好みはぐるぐる巻いた饕餮文(とうてつもん)。 初期の諸星大二郎的な雰囲気がたまりません。 戈卣(かゆう~背中合わせのフクロウの器)の可愛らしさは、初めての経験です。 残念ながら撮影禁止なので写真はありません。

Simg_1078_2_2S1776_1777_1Simg_1082_2

入口に置かれた犠首方尊(ぎしゅほうそん)のレプリカだけは撮影可です。 交差法に作ってみました。 閉館まで粘って外に出ると、さすがは六本木という風景に少し感動。

|

« 日本民芸館展 | トップページ | ロウバイ »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150994/67504174

この記事へのトラックバック一覧です: 青銅器:

« 日本民芸館展 | トップページ | ロウバイ »