お迎え火

Ssimg_7473_2猛暑です。 今日は午前中に試験場に出かけ、国際免許を取ってきました。 暑いせいか非常に空いていて、その点では助かりました。 夕方は家内と一緒に義兄の家でお迎え火を焚きました。 蚊を避けながら、太いおがらを折って火を付けます。 今年はうまく燃えて良い目印になりそうです。 ただ、年々暑くなっていくので、ご先祖様もおいでになるのを躊躇なさっているかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏雲

朝、取りあえず晴れましたが、相変わらずの強い風が吹き、南の空に現れた雲が急速に発達していくのが見えました。 もう夏の雲です。 家内と出かけた途中でも、局地的に雷が聞こえてざっと雨が降る場所もあり、かんかん照りの所もありの気まぐれ天気でした。

Ss7454_7455_1Ssimg_7465_2Ssimg_7460_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星に願いを

Ss_mix昨日は現行暦による七夕でした。 大学の天文部恒例の七夕コンパに呼ばれ、まとまらない講演をしましたが、今の学生さんは優しい。 おじ(い)さんの話しもきちんと聞いてくれました。 七夕なので笹飾りがあり、さまざまな短冊が下がっています。 もう短冊の余りがなかったので私は書けませんでしたが、とにかく雨はやんで欲しいと願わざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野川の桜

今年は例年より早く、野川の桜のライトアップが行われました。 年々人手が多くなるのに加え、今年はテレビで紹介されたため余計に混雑するのではないか、との予想がもっぱらでした。 あまりの混雑は怖いので、家内と二人、ライトアップ開始より1時間近く前に現地到着。 変わりゆく光と桜、そして準備を見ながらゆっくりと歩いてライトアップを待つことに。

Sp_img_6565_2Sp_img_6593_2Sp_img_6592_2

Sp_img_6612_2Sp_img_6614_2ちょうどコースを半周して一休みするころ、警備の方々が所定の位置に着き、照明の点灯が始まりました。 野川の南岸からは、満月1日前の月も見えています。 増えてきた人出の中を30分ほどかけてゆっくり歩き、コース入口近くの対岸を見ると、身動きができないくらいの混雑に見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元旦(2018年)

あけまして、おめでとうございます。
また新たな年の始まりです。 今年はどんな年になるやら分かりませんが、節目の年になることは間違いありませんので、何とか良い年にしていこうと思います。

Simg_4917_2Simg_4924_2Simg_4920_2

我が家恒例の注連飾りと、ポレポレ動物のワンちゃんを横にした鏡餅。 そしてドラえもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスバス

Simg_4725Simg_47262晩続けて乗ってしまいました。
我が家に帰るときの路線バス。 最初の晩は 「 わ~、こんなの初めて!」 というおばちゃんたちの声がなければ気づきませんでした。 見れども見えずの状態。 反省です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬本番

ケヤキの葉もだいぶ落ちて、我が家のベランダからも富士山が見えるようになりました。 こうなると冬本番です。 車の定期点検のために駐車場に行くと、窓ガラスにきれいな霜が付いていました。

Simg_4699_2Simg_4702_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の味覚

近くの直売所で買った地元産のクリです。 一部を 「 栗ご飯 」 に使いました。 おいしかった~!!

Simg_3643_2Simg_3644_2Simg_3645_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶豆

S_img_4912日食に向けての準備も大詰めです。 相変わらず天気が悪いので、テスト撮影は全く不足していますが、こればかりは仕方がありません。 何とかするしかありませんね。

我が家では地元産の枝豆を食べています。 ようやく茶豆が出始めたので、一束買ってきました。 枝から外したさやを、家内が新聞紙に並べたので、さっそく撮影。 一束に2株入っていたので、豆はこの2倍取れました。 茹でて食べ始めると止まりません。 あっという間になくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏祭り

今朝は雨の朝でしたが、次第に小雨になって昼には完全に上がりました。 夏祭りです。

Simg_4787_2Simg_4788_2Simg_4797_2

Simg_4795_2予定通りにお神輿の巡行も行われ、広場ではたくさんの模擬店も出て、近所の子どもたちも続々と集まってきています。 今年で51回目の団地祭り。 私がこの団地に越してきたのは高校生の時だったので近所に幼なじみはおらず、正直、その頃のお祭りの思いでは全くありません。 お祭りに関わるようになったのは大人になってから、自治会や管理組合の当番としてです。
でも、ここに集まっている子どもたちにとっては、子ども時代の大切な思い出として、きっと心の中に残るのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧