昨日出会ったバッタ

昨日、昼食後に外で出会ったバッタです。 体長40~50mm、全身を鎧で固めたようでなんともカッコイイ姿です。 トノサマバッタの仲間かと思うのですが、よく分かりません。 ほんとは正面からも撮りたかったのに、逃げられてしまいました。

Ssimg_7636_3Ssimg_7635_3Ssimg_7634_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいさつ?

Ssimg_7508_3昨日はアオドウガネの幼虫でアタフタしてしまい、アップできませんでしたが、早朝には訪問者がありました。 何げなく台所の窓から外を覗くと、すぐ横にアブラゼミがとまっていました。 鳴くでもなく逃げるでもなく、じっとしています。 もしかすると一昨日の朝、遅れて羽化した子が元気な顔を見せに来たのかもしれません。 そうだといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオドウガネの幼虫(むし注意!)

イモ虫の嫌いな方は絶対に見ないで下さい!

この春先、カラスウリの鉢の先に芽を出した方が、あっという間に枯れてしまいました。 強風のせいかと思っていましたが、今朝、理由が分かりました。

遅れて芽を出した方は強風にもめげずに復活し、少しずつ生長しています。 鉢の土が少なく思えたので、枯れた方の鉢から土を少し元気な方に移しました。 すると! 何やら土の中で動くものが見えます。 何かの幼虫です。 ピンセットでつまみ出してみると、かわいげのない姿です。 調べてみると、どうやらアオドウガネの幼虫のようでした。 根を食い荒らす園芸の敵とのこと。 枯れた方の鉢を探ってみると、なんと! 13匹も潜んでいました。 もう植物体は影も形もありません。 完全に食い尽くされたようです。 こうなったらもう、鳥に食わせてしまいましょう。

1Ssimg_7516_3Ssimg_7518_3

Ssimg_7520_3Ssimg_7523_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅いよ~!

今朝は「たなくじ」が始まる前に、と、早めに家内とパンを買いに出ました。 帰り道、二人でセミの抜け殻を拾いながら歩いていると、6:30ごろ、もそもそ這っているアブラゼミの幼虫を見つけました。 もう日が当たっている道路の方に出てこようとしています。 思わず家内が 「 あなた、遅いよ!」。 このままでは危ないので行く手を塞ぐと、ようやく藪の下に入っていくことが出来ました。 これから脱皮してうまくいくでしょうか。 連れて帰るべきだったのか、未だに悩みます。

Ssimg_7496_3Ssimg_7497_3Ssimg_7498_3

Ssimg_7499_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムクドリ

最近、夕方になると近所の電線に、無数のムクドリがとまります。 どこからともなく集まってきて電線に並び、近くの木に向かって一斉に飛び立って行きます。 雀のお宿ならぬムクドリのお宿のようです。 遠目には同じようにとまっているよう見えますが、よく見ると、それぞれ個性があることが分かって面白いです。

Ssimg_7470_2Ssimg_7468_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初抜け殻

Ssimg_7364_3いよいよ夏本番、ということで夕べ扇風機を出しました。 ところが今日は昼過ぎからまた風が強くなって、扇風機の出番はありません。
午後、家内と買い物に出た時に、今年初めてセミの抜け殻を見つけました。  触角の第3節が第2節より長いので、アブラゼミです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリハムシ

Ssimg_7293_2今日は朝から曇り。 昼前からとうとう雨が降り始めました。 先日、カボチャの花に来たハチの写真を載せましたが、同じ朝に撮影したハムシです。 ハムシの種類はとても多いので、ネットの図鑑で調べても迷います。 体長5~6mm、からだの配色とお尻にチョロッと見える黄色い腹から見て、クロウリハムシではないかと見当をつけたのですが、どんなものでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ごはん

今日は夏至。 そして2001年のザンビア皆既日食の記念日です。

今朝、家内とパンを買いに出た時、カボチャ畑にたくさん咲いている花に、ハチが一匹飛んでいるのを見つけました。 花の内側にもぐり込むと、何やら一生懸命に花をなめ回っているように見えます。 ハチも朝ごはんのようです。

Ssimg_7290_2Ssimg_7291_2Ssimg_7292_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツノゼミ

先日、ホタルブクロの花を撮影しようとしゃがんだとき、ふと横を見ると草の茎に何やら虫が。 ひっくり返して肉眼で見ても、4~5mm程度の黒っぽい姿なのでよく分かりません。 何コマか撮影して液晶画面で拡大してみると、どうやらツノゼミのようでした。

Ssimg_7275_3Ssimg_7274_2Ssimg_7276_2

拡大した写真はほぼ真横から写しているので、背中の突起が一つのように見えますが、少し離れて撮った(ピントの甘い)写真では、突起が二つあることが分かります。 よって、これはトビイロツノゼミと思われます。 図鑑によるとごくありふれた種類とのこと。 でも、私が撮影できたのは初めてです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入梅

いよいよ梅雨です。 最近、わが家の周辺ではカタツムリを見る機会がぐんと減りました。 殻を背負っていないものはよく見ますが、やはり殻があるとないとでは大違いです。 なぜ殻があるだけで愛らしく見えるのでしょう。 

Ssimg_7264_2Ssimg_7265_2Ssimg_7266_2

先日、天文台歴史館に昇る階段に、殻の大きさが25mmくらいのカタツムリがたくさんいました。 見学者に踏まれないように片っ端からつまんで避難させたのですが、その甲斐もなく、昼過ぎには1匹潰されているのを見つけてしまいました。 合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧